特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士は、労働問題の専門家である社会保険労務士が,更に「裁判外紛争
解決手続」に関する研修を修了し、かつ、国家試験に合格した「裁判外紛争解決手続」
の専門家です。
特定社会保険労務士は,以下の紛争解決手続代理業務を行うことができます。
【1】都道府県労働局における個別労働関係紛争のあっせん手続等の代理
【2】都道府県労働委員会における個別労働関係紛争のあっせん手続等の代理
【3】都道府県労働局における男女雇用機会均等法の調停の手続等の代理
【4】都道府県労働局におけるパート労働法の調停の手続等の代理
【5】個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続
   における当事者の代理
 
あっせん代理業務の範囲
イ. あっせん申請書等の作成事務、提出代行及び事務代理の業務
ロ. あっせん委員又は他方当事者に対する説明、出張、陳述、答弁等
ハ. あっせん委員に対してあっせん案の提示を求めること及びあっせん案の諾否をあっ
   せん委員に通知すること
 
 
・申請書の作成や提出、あっせんの場での代理発言を特定社会保険労務士が行いますので
 心理的負担は軽減されます。
・あっせんの申請書が受理されますと,あっせんの期日前でも代理人として相手方と交渉
  できます。
・会社側もあっせんを求めることができます。
 
労働トラブルでお悩みの経営者、労務担当者をサポートいたします。
まずはお電話ください。
 

お問い合わせはこちら

ホームページをご覧いただきまして,誠にありがとうございます。