労働保険事務組合

労働保険事務組合に事務処理を委託するメリット
労災保険特別加入
労災保険に加入できない事業主や家族従業員も労災保険に特別加入することができ、安
心して仕事ができます。
建設業の一人親方も特別加入できます。 
年3回の分割納付
概算保険料の額にかかわらず年3回の分割納付ができます。
事務委託していない場合は、概算保険料が40万円(労災保険・雇用保険のみは20万円)以
上ないと分割納付はできません。
事務処理の効率化
労働保険の申告・納付等の労働保険事務を代行処理しますので、事務処理の効率化が図れ
ます。
 
次のような場合は業務委託をご検討ください。
・事務手続きや,労働保険の年度更新が面倒。
・事務処理をする人が足りない。
・関係省庁に出かけるのが億劫だ。
・事業主や家族従業員も加入したい。
 
労災保険の特別加入
労災保険は,業務上・通勤途上の負傷、疾病、死亡等に対して保険給付を行うもので、本
来事業主には適用されません。
※ 業務上や通勤途上でのけがや病気は,原則として健康保険の適用にはなりません。
 
秋田経営労務センターについて
秋田経営労務センターは、秋田県社会保険労務士会の会員社会保険労務士により平成
21年に設立された「労働保険事務組合」です。
労働保険事務組合とは、中小企業の事業主を構成員とする団体で,厚生労働大臣の認可を
受け、事業主に代わって労働保険の事務処理を行います。
秋田SR経営労務センターは、社会保険・労働保険に関する唯一の国家資格者で構成する団
体です。
 
当事務所は「秋田SR経営労務センター」の会員になっていますので,ご希望する場合、
「労働保険事務組合」へ業務委託していただきますと様々なメリットを受けることがで
きます。
 
■ 事務委託は
当事務所を通じて業務委託契約をしていただきます。
※ 事業主の方が直接秋田SR経営労務センターに事務委託することはできません。
■ 委託できる事業所の規模は
常時使用する労働者が300人以下の事業主
ただし、以下の業種は次のとおりです。
金融業・不動産業・小売業‥‥‥50人以下
卸売業・サービス業‥‥‥‥‥100人以下
■ 業務の範囲
労働保険事務組合の業務は次のものに限られます。
・労働保険の成立届、雇用保険の事業所設置届等に関する事務
・従業員の入社に伴う雇用保険の資格取得の届出
・従業員の退社に伴う雇用保険の資格喪失(離職票を含む)の届出
・概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
・労災保険の特別加入の申請等に関する事務
・労働保険の年度更新手続き
・労災保険、雇用保険の名称所在地変更手続き
 
※ 労働保険事務組合が
「労働事故の書類作成」、「助成金申請」を
代行することは法律で禁じられています。
トラブルの可能性がありますのでご注意ください。
 
労働保険事務組合が行えない事務は、
「社会保険労務士 大塚事務所」承ります。
 

お問い合わせはこちら

ホームページをご覧いただきまして,誠にありがとうございます。